専門歯科治療

インプラント

 う蝕や歯周病,事故などで歯を失った場合,食事や見た目に支障が生じます.それを回復する治療法のひとつがインプラント治療です.

 インプラント治療とは,歯のない部分の顎の骨にインプラント体と呼ばれるチタン製のネジを埋め込み,その上にクラウン(かぶせ)を装着したり,特殊なパーツを装着して義歯(入れ歯)を安定させることで,咀嚼機能(噛みにくさ)や審美性(見た目の悪さ)を回復する治療法です.

 部分的に歯のない場合のインプラント治療は,顎の骨と結合しているインプラント体だけでクラウンを支えます.そのため,前後の歯を支えにするブリッジや,残っている歯にクラスプと呼ばれる金具をかけて維持する義歯と比較して自分の歯への負担が少ないことが特徴です.また,義歯と比較して違和感が少ない設計が可能です.

 全体的に歯のない患者様で義歯が動くことや痛いことでお困りの場合,数本のインプラントを埋め込んで,義歯を安定させることができます.義歯を安定させることで痛みを少なくすることができます.また,義歯の大きさによる違和感にお困りの場合,インプラントを応用することで,義歯を小さくすることで違和感を少なくすることが可能な場合もあります.

43

 その一方で,インプラント体を埋め込むための手術が必要なこと,保険適応ではないので治療費が高額となることが欠点です.また,インプラントの成功率は世界的に見ても10年で90%以上と高いものと報告されていますが,術後のご自分での厳重なメインテナンスと定期受診が欠かせません.

 さらには,インプラント治療はどなたに対しても万能な治療法ではなく,残っている歯のかみ合わせや歯周病の状態,歯のない部分の骨の量や形,手術に際して問題となるご病気がないかなど,治療を始める前に診断しなければならない項目がたくさんあります.

 今,困っていることがインプラント治療で解消可能か? 総合的に判断してインプラント治療が可能かどうか? ご興味のある患者様は,担当医にご相談下さい.

 当院ではストローマンデンタルインプラントシステムを採用しております.このインプラントはチタン製インプラントのさきがけのひとつで世界的に実績が認められているシステムです.

Straumann_Logo_CMYK

ホワイトニング

 歯の色が気になる場合,まずはご相談ください.

 歯の表面に食べものや飲みものの色素が沈着しているだけで簡単に除去できるのか,他の要因で歯そのものの色が濃くなっていてホワイトニング(漂白処置)が必要なのかを診断する必要があります.

 ホワイトニングには,来院時に行うオフィスホワイトニングと患者様がご自宅で行うホームホワイトニングがあります.どちらも歯に対して優しい薬剤を使用しますが,術後に歯がしみる感じが生じる場合がまれにあります.また,時間とともに部分的に着色の後戻りが生じる場合もあります.

審美歯科

 歯の色や形・並び方など,気になっている場合,その原因によって解決法は様々です.例えば,クラウン(かぶせ)のやり直し,歯ぐきの形の修正,歯の矯正移動等の処置を組み合わせることによってお悩みを解決できるかもしれません.

 また,単にクラウンといっても現在は様々な種類があり,金属を使用しないクラウンでも選択肢は多くあります.どのやり方が患者様に最も適切なのかを診断することが重要です.まずは担当医にご相談ください.

矯正歯科

 歯並びが気になる際には担当医にご相談下さい.ほんの少し歯を動かす装置で解決できる場合もあります.状態によっては矯正専門医を紹介させていただきます.