一般歯科治療

 当院では保険で認められている治療は患者様のご希望がない限り全て保険で対応しております.保険外の治療をご希望の患者様は専門歯科治療のページをご覧ください.

う蝕(むし歯)

 う蝕の治療は,新しい歯科材料や治療器具の開発によって,新しい治療法が導入されています.ひと言で「う蝕」と言ってもその程度は様々であり,どの治療法が適切なのかを,それぞれの歯に対して判断する必要があります.小さなう蝕ひとつでも,削らないといけないう蝕なのか,削らずに経過観察を行っても良い初期う蝕なのかの判断がとても重要なのです.削らないといけないう蝕の場合でも,う蝕の部位,噛み合わせなどを総合的に診断し,長期的に見て良い治療法を選択することが大事です.また,神経の近くまで進行したう蝕の治療では,神経を保護する薬を使用して一旦は仮の詰め物で数か月間,経過を観ることもあります.これは,なるべく神経を取らないために必要な処置です.

 当院では,できるだけ削らないう蝕治療を目指しております.そのため,一本の小さなう蝕治療でも時間を掛けて処置することもありますのでご理解ください.

歯周病(歯槽膿漏)

 歯周病とは歯を支えている歯ぐきや骨が炎症を起こしている病気です.歯周病は初期のうちは自覚症状がほとんどない場合があります.気づかないうちに病状が進行してしまい,歯茎の腫れや痛み,歯のぐらつきに気付いた時には病状がかなり進行していることもよくあります.当院では,歯周病の発症と進行を予防するため,定期受診をお勧めしています.受診の間隔は,一律で何か月とは決めず,お口の状況などに応じて,提案させていただいてます.

 歯周病の原因は,歯周病菌です.治療や予防の基本は歯周病菌を減らすことです.来院時には,歯石を除去したり,患者様に歯並びにあった歯ブラシや補助器具(デンタルフロスや歯間ブラシ)の提案をしたり,歯の磨き方を指導させていただきます.歯磨き指導を受けても,治療が終了し,しばらくたつと我流の磨き方に戻ってしまうことがよくあります.また,頑張っても磨いていても磨き残してしまうところがでてきます.なので,定期受診で歯磨き指導とクリーニングを行うことが重要なのです.

小児歯科

 小さなお子様の治療も行っております.ご遠慮なく受診して下さい.

 どうせ生え変わる乳歯だと考えずに,乳歯の治療もしっかりと行いましょう.放っておくと,後に生えてくる永久歯の歯並びに影響をあたえる場合もあります.また,6歳頃から順に,永久歯への生え変わりが始まりますが.生え変わりの時期は,永久歯がもっともう蝕になりやすい時期のひとつです.この次期をうまく乗り切るためにも,小児時期のう蝕の予防的管理はたいへん重要です.

 当院では,お子様が受診された場合には,必要に応じて,唾液検査によるう蝕の活動性評価を行い,定期受診の間隔を考慮する目安とするとともに,ご家族の方への説明を行なっています.また,年に3-4回のフッ素塗布もお勧めしています.

口腔外科

 親知らずの抜歯,自家歯牙移植,舌小帯形成術などの口腔外科的処置も行っております.

訪問歯科診療

 往診にも対応しています.窓口もしくはお電話でご相談下さい.(電話番号:077−553−6082)

クラウン(かぶせ)・義歯(入れ歯)

 クラウンや義歯の治療は噛み合わせが大変重要です.詳細な調整を行うことはもちろんですが,場合によっては仮止めでしばらく使用して問題がないか確認させていただきます.

 また,クラウンや義歯の歯の形や歯並び,歯の色など,気になっている場合は遠慮なくお伝え下さい.新しく作る場合,患者様が今の歯についてどう思われているかを知ることはたいへん良い参考になります.